プロジェクト・研究



袖ヶ浦団地・活性化プロジェクト(2014年10月〜)


人口減少の時代に老朽化する団地。今、その活性化の処方箋が求められています。
築40年を超えた団地では、高齢化も進む中、田島研究室では、産官学の連携により習志野市と協力体制をとり、
袖ヶ浦団地・活性化プロジェクトがスタートしました。。

    1. 団地活性化メソッドの提案
    2. リノベーション・デザインや設計提案
    3. 住民との恊働によるコミュニティ活動
    4. シェア住居の推進





熱海研究プロジェクト(2013年4月〜)


かつては温泉観光地として一世を風靡した熱海。
東京から新幹線でわずか40分という近さながら、近年では高齢化も進み、年々観光客は減る一方です。
田島研究室では、熱海で街づくりを行う団体や熱海市と協力体制をとり、熱海再生プロジェクトを行っています。

    1. リノベーション・スクールへの運営協力
    2. 熱海の街づくりサポートおよび調査協力
    3. 空き店舗や空き家の調査
    4. 新たな街づくり活動の企画・運営




英米におけるコミュニティ再生組織の研究(2012年4月〜)


衰退する都市や地域におけるコミュニティを再生するための組織
アメリカでは、コミュニティ・ディベロップメント・コーポレーション(CDC)。
イギリスでは、ディベロップメント・トラスト(DT)が都市再生の起点となっています。
この研究では、日本におけるCDCやDTのようなコミュニティ再生法人のありかたを研究します。

    1. 不動産を活用した都市再生の事業手法の研究
    2. 近隣性に基づいた再生プロセスの定義
    3. 住民主導によるコミュニティ再生の検証
    4. 公民連携による都市再生メソッドの提案